全ての食材のトレイサビリティーを徹底

スクリーンショット 2015-01-29 18.04.41

当グループでは食品会社として最も重要である安心・安全を第一にトレイサビリティーのしっかりした原材料の調達に努めております。 昨今では産地偽装や事故米といった食品会社のモラルの低下による不祥事が相次ぎ、消費者の不安がつのる一方ではございますが、当グループでは主要な食材調達をする場合は当社の仕入れ担当者が事前に現地へ足を運び製造工場や生産現場を視察し食材の安全性を確認してから購入契約します。プロの目線で厳重なチェック体制をもって仕入れを行っております。 一番多用するお米につきましては、契約農家との圃場契約し、田植えから収穫、精米まで一貫した管理を行うことで年間を通して、より安全で良質なライスの提供が可能となっております。 また、健康(メタボリック)に気を使っておられる方にも安心して召し上がっていただけるよう、当グループで使用する食用油(キャノーラ健康プラス)はコレステロール0はもちろん、ビタミンEの効果により体内に残らない優れた油を使用しております。価格は通常商品の倍ですがお客様の健康には代えられません。


契約圃場について

福島県白河の契約農家との広さ東京ドーム83個分の契約圃場において減農薬にて栽培された米を田植えから収穫まで一環した管理を行い安全なライスをご提供しております。

スクリーンショット 2015-01-29 18.05.18 スクリーンショット 2015-01-29 18.42.40 スクリーンショット 2015-01-29 18.42.33

 

放射能濃度測定検査

調理で使用の食材は、全て国産です。また、全使用食材の放射能濃度測定検査を行っており、厚生労働省の定める基準値以下であることを確認してから使用しています。

スクリーンショット 2015-03-10 14.17.48 スクリーンショット 2015-03-10 14.23.20 スクリーンショット 2015-03-10 14.17.59

 

 

衛生管理体制について

スクリーンショット 2015-01-29 18.54.57

『物を作る前に人づくり』を理念に安心・安全を作り出すのはスタッフ一人ひとりが衛生知識の認識と周知徹底が第一と考えております。どんなに優れたマニュアルを作成しても実行なしでは機能いたしません。当グループでは福利厚生の充実と衛生教育の実施及びチェック体制の強化を柱に安全衛生の環境を保つための取り組みを続けてまいります。

 

 

 

排便検査の実施

・検便検査につきましては月1回実施、6月~10月は月に2回実施いたします。
・健康診断は年1回実施いたします。

 

衛生講習会の実施

・衛生講習会を年1回所轄保健所の講師を招き実施
・各施設ごとにビデオによる講習や衛生責任者による現場指導の実施
・各施設のエリア単位において安全衛生の確認を毎日実施


チェックリストの活用

各セクションごとにチェックリストを作成し安全の確認と従事者の意識の向上を図っております。 健康管理報告書に基づき作業前に体調チェックをおこない、責任者へ報告書を提出しております。 異物混入を防ぐため30分ごとに衛生員による粘着ローラーによる巡回を実施し状況の記入をおこない、毛髪等の混入を防ぎます。